ハイインピーダンスモデルのVolペダル販売開始

ご要望を受け、7/8(土)よりハイインピーダンスモデルのボリュームペダルの販売を開始いたします。

モディファイのコンセプトとしては、ローインピーダンスモデルと同様です。

見た目のデザインにつきましては、原価コストの都合上(=販売価格をなるべく低く設定するために)ローインピーダンスのモデルと同じとさせていただきます。すみません。

それじゃぁどうやって見分けるんだ!という点につきましては、底面上部に「Hi-IMP」と記載したシールを貼っておりますので、そちらでご判断いただければと思います。
(ローインピーダンスモデルには、何も貼っておりません。)

各モデルの使い分け(使い方)については、前回のブログ「ボリュームペダルの使い方・セッティング」をご参照ください。


正直言いますと、音質的にはローインピーダンスの方が有利です。ローインピでは、バッファを経由してからボリュームポットへの接続となるため、ハイ落ちが少ないためです。
これが、Limetone Audioがローインピーダンスのボリュームペダルから展開させていただきました理由です。

ただ、ハイインピーダンスモデルが欲しい!という方もいらっしゃいますので、ローインピーダンスと比べて生産量は少なめですが、販売させていただくこととなりました。


もし、もっとハイのモデルを出してほしいというご要望がごさいましたら、メール又はツイッターにてご連絡ください。