トゥルーバイパスかどうかの簡単な確認方法

ペダルボードを組む時などに、「あれ?ところでこのエフェクターって、トゥルーバイパスだっけ?どうだっけ?」となり、説明書を開いたり、Webで検索したりということがあるかと思います。

今回は、こういう時に便利な切り分け方法をご紹介します!

それは、
「エフェクターに電源を供給せずに、オンオフをカチカチ切り替えて、音が出たらそれはトゥルーバイパス!」
です。


もう少し詳しく説明します。
まずエフェクターのバイパス方式(スイッチオフ時の音の通過のしかた)の代表的なものとして
・バッファードバイパス
・トゥルーバイパス
の2つがあります。

バッファードバイパスは、エフェクターをオフにしていても、信号は中のバッファーという回路を通ります。これにより、インピーダンスが下がったり(信号がノイズに強くなったり)、バッファーによってわずかに音質が変わったりします。
回路を通るので電源が必要です。

トゥルーバイパスは、わかり易く直訳すると「マジでバイパス」ということになりますが、その名の通り、中の回路を通らずに入った音が出てきます。なので、音質の変化が極めて少なかったり、インピーダンスが全く変化せず信号が通過するという特徴があります。

どちらが良いというものではなく、適材適所というか、それぞれの特徴を理解していれば良いと思います。


で、話を戻しますと、「これはどっちだ?」となった場合、楽器とアンプの間にエフェクターを接続し、そのエフェクターに電源を接続せず(電池も抜いて)、電源オンオフを切り替えます。それでオフの時に音が出ることがあれば、それはトゥルーバイパス確定です。(もう少しちゃんと言うと、機械式のトゥルーバイパスです。)

「じゃぁ逆に音が出なかったらバッファードバイパスってこと?!」となるのですが、そこは一概にそうは言えません。
まぁほぼバッファードバイパスなのですが、中にはリレー回路を使ったトゥルーバイパスというものもあって、それは電源が必要です。
なので、音が出なかったら、説明書等で確認する必要があります。

今回のアイデアは、あくまで切り分けを少し楽にする方法!としてお考えください(^^)。

バイパス方式の種類については、Free The Tone の林さんの著書、「ギタリストとベーシストのためのシステム構築マニュアル」に詳しく記載があります。


ちなみに、BOSSのコンパクトエフェクターはバッファードバイパスです。なので、電源が無ければ音は鳴りません。バッファーが常に効くので、例えばその後ろにボリュームペダルを接続する場合はローインピーダンスモデル、となりますね。

ワウペダルも物によりますが、バッファードバイパスのものが結構多いです。そこでの音質の変化が嫌で、機械式のトゥルーバイパスにモディファイする!という事例も良くありますね。

ブティック系ペダルや、ビルダーさんものは機械式のトゥルーバイパスが多いです。
ご参考にしてください(^^)。


あと!もう一個ついでに言っておくと、しょっぱなに入れるバッファーの質というか、何を使うかによって、かなり音質が変わるので、機会があればその辺りを突き詰めてみると面白いかもしれません。