インピーダンスの話 前編

ボリュームペダル関連のブログの中で、あちこちにローインピーダンス、ハイインピーダンスという言葉が出てきました。

今回は、この「インピーダンス」について、ギタリスト、ベーシストとして覚えておいた方が良い点、実用的な点に絞って記載させていただこうと思います。


基本的な部分だけ教科書通りに説明すると、インピーダンスとは「音声信号等、交流の電気信号に対する抵抗値」のことをさしており、「単位はΩ(オーム)」です。
これは忘れてもらっても大丈夫です。Ωだけ覚えておくと便利かな程度!


で、暗記しておくべきことは次の2つです!

①楽器から出た直後はハイインピーダンス
②ハイ受け!

これさえ覚えていれば、以下に記載している内容はすぐに思い出せると思うので、どんな場面でもオッケー!となるかと思います。


まず①についでです。

楽器(パッシブの楽器)から出る音声信号はハイインピーダンスとなります。

パッシブの楽器についてわかり易く言うと、電池を搭載していない楽器。いわゆる普通のエレキギター、エレキベースです。

弦の振動をピックアップ(コイル)で拾い、それを音声信号に変換します。その信号がシールドケーブル辿ってアンプやエフェクターに向かいます。イメージするとわかると思いますが、かなり微弱な信号です。なんせ弦が揺れた信号を磁石で拾っただけのものですし。
なので、外部からの影響を受けやすく、ノイズが乗りやすいという特徴があります。また、パーツ(シールドケーブル等)の材質による音の変化も起きやすいです。

軽くまとめると、このハイインピーダンスの状態では、
「ノイズに弱い」
「ケーブル等の材質による音の変化が大きい」
という感じです。

今まで使っていたものと違うシールドケーブルを買ったら、まずギター・ベースの直後のケーブルを入れ替えて確かめてみることをオススメします。何故なら、ハイインピーダンスなので音が変わりやすいからです。
「ギター内部の配線材やコンデンサを変えたらすごい音が変わった!!」というのも、そういうところから来ています。


では逆にローインピーダンスとはどういうものか。ざっくり言うと「エフェクター等の回路を通過して出て来た音声信号はローインピーダンス」です。

(もう少しちゃんと言うと、出力インピーダンスは回路の出力部の設計によるので、ハイインピーダンスで出力させることも可能なのですが、一般的には出力はローインピーダンスとなるよう設計されています。その理由は②の説明で触れます。)

インピーダンスが下がると、ノイズにも強くなるので、長いケーブルのとりまわしも比較的得意となります。

軽くまとめると、
「エフェクターを通した後はローインピーダンス。」
「比較的ノイズにも強い。」
です!

以前のブログでも書きましたが、トゥルーバイパス仕様のエフェクターをオフで接続しているときはインピーダンスは下がりませんので、そこは要注意です。


なのでボリュームペダルにも、どこに繋ぐかによってハイインピーダンス用とローインピーダンス用が用意されている訳です。
で、ハイインピーダンス用を楽器の直後に繋ぐと、音質が劣化しやすい、ローインピーダンス用で組むのがオススメ、という以前のブログ記事の内容も「なるほど!」と思っていただけるかと思います。(ハイインピーダンスのうちは、間に色々挟まると影響を受けやすいから。)


もう1つ大事な余談。パッシブの逆はアクティブです。電池を搭載している楽器。エレアコや一部のエレキギター/ベースですね。これは、楽器の中にプリアンプという"エフェクター"を搭載している状態です。なので、アクティブ楽器からの出力はローインピーダンスとなる訳です!


思ったより長くなったので、②のハイ受け!については次回書きます。