Limetone Audio 2周年を記念したコラボ製品 "LTV-30L-TU"

2019年7月1日にて、Limetone Audioは2周年を迎えます。立ち上げからあっという間に2年。皆さまのお陰で、本当に充実した2年となりました。ありがとうございます!

周年記念は、皆さんに喜んでいたたけるものをお届けできればと考えているのですが、今回はいつもとは違ったものをご用意させていただきました。

第1弾から第3弾までございまして、まぁ、第2弾と第3弾はおまけ的な感じではありますが、、いずれも2019/7/1(月) 0:00よりLimetone AudioのWebストアにて販売予定です。


このブログでは、第1弾についてご案内させていただきます。

その内容は、こちら!

なんと、まさかの、一部で話題になっております、チューナー内蔵ボリュームペダル。LTV-30L-TUとなります。


本製品はSoul Power Instrumentsさんとのコラボ作品となっておりまして、筐体加工とチューナー取り付けをSoul Power Instrumentsの齋藤さんが担当、音声信号のモディファイはLimetone Audioの今西が担当しております。モディファイ元のペダルはBOSS社FV-30Lとなります。


ボリュームペダルの踏み込み量に関わらず、チューナーは常に反応する仕様になっています。チューニング時にはペダルをかかと側に踏み込み、ペダルから足を離してチューニング、という形になります。
ボード上にチューナーを配置、配線する必要が無くなるのが一番のメリットかと思います。
搭載しているチューナーは、tc electronic社 PolyTune 2 Mini。
通常の弦を1本ずつチューニングするクロマチックチューニングと、複数の弦を同時にチューニングできるポリフォニックチューニングに対応。
さらに、クロマチックチューニングでは、針が左右に触れるニードルモードと、ピッチのズレ度合いをストロボで視覚的に表示するストロボモードを選択可能です。(ニードル/ストロボの切り替えは、裏蓋を開けて内部のスイッチにて選択。)

クロマチックチューニング・ニードルモード

クロマチックチューニング・ストロボモード

ポリフォニックチューニング


通常PolyTune 2 Miniは電源供給開始時、チューナーオフの状態からスタートしますが、本機は電源供給開始後数秒で自動で起動するよう、SPI齋藤さんにて設定済です。(この点は本当に素晴らしいです!)

音質は、いつものLimetone Audioクオリティと言いますか、LTV-30L Version2と同様です。


背面のパネルは、左から、インプット、DC9V In、アウトプット、illuminateリンクとなっており、illuminate box miniの接続も可能です。
本機に電源を供給しない場合、チューナーは起動しませんが、ボリュームペダル動作、およびilluminate box miniへの信号送信は問題なく機能します。


そして気になるお値段ですが、
通常のLTV-30L Version2 17,500円(税別)
SPIさんの筐体加工・チューナー取り付け対応(詳細)15,000円(税別)
チューナー代 7,680円(税別)
となりまして、計40,180円(税別)のところ、LTV-30L-TUは 38,500円(税別)となります。(税込41,580円)

た、高いですね。。

なのですが、非常に難易度の高い加工を行なっている点や、チューナーとの2in1である点をご理解いただけますと、とても助かります。

ローインピーダンス仕様のみのご用意となります。


台数は10台ご用意しております。
今後の追加製作の予定はございませんので、気になる方は是非チェックいただければと思います!!


第2弾、第3弾は、今西勇仁のTwitterにて発表予定ですので、そちらをご確認ください。


Limetone Audio Webストアでの販売となります。楽器店店頭での販売はございません。
※モディファイ作業(筐体加工)時には細心の注意を払って作業いたしますが、大掛かりな加工が必要であるため、筐体に目立たない細かい傷が付く場合がございます。その点、予めご了承いただきますようお願いいたします。